毎週火曜日01:35(月曜深夜25:35)より、テレビ東京にてアニメ『実は私は』が放送されています。

 

jitsuwata.tv

 

以下、ネタバレ要素がありますので注意してください。バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

2015年8月4日の放送は第5話「デート?しよう!」でした。

 

 

 

イントロダクション 

隠し事が出来ないことから「穴の開いた笊」、通称「アナザル」と呼ばれている高校2年生の黒峰朝陽。彼には、密かに想いを寄せる相手がいた。ミステリアスなクラスメイト、白神葉子だ。しかし、彼女もまた、ある秘密を抱えていた。
実は彼女は……吸血鬼だったのだ!!
しかも、正体がバレたら即退学!!
そんな葉子の正体を知ったアナザル朝陽。吸血鬼だとバレてしまった葉子。2人は秘密を共有し、一緒に高校生活を続けるため、「秘密がバレたことを秘密にする」決意をする……が、学校では一筋縄じゃいかない。
アホカワ・ダメカワ・エロカワなヒロインたちがノンストップで大暴れ!!
朝陽は本当に秘密を守りきれるのか!?
“ちょいアホ人外ヒロインラブコメ”の明日はどっちだ!!

 

というイントロダクションです。 

 

 

5話「デート?しよう!」

今回は久々に吸血鬼の白神葉子(しらがみ・ようこ)の2人がメインとなる回でした。主人公の黒峰朝陽(くろみね・あさひ)と委員長の異星人・藍澤渚(あいざわ・なぎさ)とで、葉子の吸血鬼としての弱点を克服させようとしていました。

一番気になっていることは日光による日焼けみたいです。肌が日に焼けるだけのようですけど、日の光のせいで体育の授業は出られませんし、朝一番に登校し放課後も遅くまで学校に残っていなければならないことで、何とかしたがっています。

吸血鬼というと、ニンニクや十字架も苦手と言われています。葉子は、ニンニクを近づけられると目がシパシパし、十字架を近づけられるとちょっとイラッとする、と言っていました。大丈夫みたい。

渚の軍隊式の訓練をしていましたが、結局は日焼け止めクリームで日の光を防ぐことができたみたいで……朝陽が日焼け止めクリームを提案したとき、葉子はそんなこととっくに試しているだろう、と渚が反論していましたけど、それを聞いていた葉子は滝のような汗をかいていて……その翌日(?)にはクリームを塗りたくったであろう真っ白の肌で体育の授業に出ていました。朝陽や渚には知らんぷりをしていたつもりのようですが、もちろんあからさま反応だったのでバレています。葉子はバレていないと思っていたみたいですけど。

日焼けを克服した葉子は、朝陽と渚を誘ってある場所へ行くことにしました。その場所とは遊園地です。「黒峰くんと藍澤さん、ドキドキ大作戦」だそう。葉子は朝陽が渚を好きだと思い込んでいます。しかし渚は当日になって約束をキャンセルしていました。朝陽の気持ちを理解していますから、気を遣ってのものでしたけど、渚の気持ちはモヤモヤしているみたいで……。

 

 

 

その他、雑感

こうして朝陽にとっての初デートが始まりました。葉子にとっても初と思いますが。葉子は絶叫系にドはまりしていたり、お化け屋敷で血を吸わせろと迫ってきた吸血鬼に説教をしたり、楽しんでいました。葉子のオトンとオカンがデートをした場所でもあったようで、葉子は今回の遊園地に遊びに行ってみたかったようです。

そして会話の中で、葉子は吸血鬼と人間のハーフであることが明かされました。父親が吸血鬼で母親が人間。だから、日光を浴びても日焼け程度で済むし、ニンニクや十字架も平気なのでしょうか。葉子父と葉子母も、お互い協力して吸血鬼の秘密を守って結婚した……という話が葉子と朝陽とモロ被っていて……。お化け屋敷では、葉子は怖がって朝陽に抱きつくし……これは付き合うフラグどころではなく結婚フラグですか。

最後、葉子の幼馴染みが登場していました。狼男。何だか『怪物くん』みたいですね。今後フランケンも出てくるのかも知れません。

そういえば、前回、悪魔の角を生やしている学校の校長だか理事長だかが登場していましたが、彼女?はどうなったのでしょうね。その校長?はOPに登場していてかなりなネタバレです。朝陽と同級生くらいの見た目の女の子が映っていました。いや、公式Webサイトのトップページにも普通に出ていますけれども。

 

dysdisanime.hateblo.jp